アロエベラジュース /
アロエベラジュ-ス ツーゴーALOE VERA JUICE

Q
「ジュース」とは、どういう状態を指し示しているのですか?
▼
A
公正取引委員会の「果実飲料等の表示に関する公正競争規約施行規則」では、「ジュース」と言えるのは「果汁100パーセント含有の場合のみ」ということが定められています。果実・果肉には「その果物固有の甘さ」すなわち糖度がありますが、産地や季節によってその果物の平均的な糖度と異なってしまう場合があります。そのときには、食品衛生法に定められているように、重量比にして5パーセントを限度として加糖することが認められています。この規則の主旨は、増量を目的として水で薄めたり、その他のものを加えてはならないということです。現在、アロエベラについては公正取引委員会等の規格・基準はありませんが、これらの規格に準ずるものとして取り扱っています。したがって、フォーエバープロダクツの「アロエベラジュース」は「ジュース」ということができます。
閉じる
Q
なぜ、「アロエベラジュース」の容器に栄養成分表示されて
いないのでしょうか?
▼
A
「アロエベラジュース」の主原料である「アロエベラジェル」は、天然のもののため、含有成分については当然バラつきがあります。したがって、表示をすることはかえって誤った情報を記載することになりかねませんので、原則載せておりません。お客様相談室では、参考数値として目安となる【フォーエバー食品成分表】を提供しておりますので、必要な方はお問い合わせください。
閉じる
Q
「アロエベラジュース」のカロリーを教えてください。
▼
A
「アロエベラジュース」のカロリーは、目安として21キロカロリー(100g)になります。
※但し、原料は天然のものなので数値には、多少のバラつきがあります。目安としてご理解ください。
閉じる
Q
冬の時期、開封した「アロエベラジュース」を冷蔵庫で保管
すると、かなり冷えてしまいます。冷たいものが苦手なので、
冷えすぎないように常温で保管しようと考えていますが、
大丈夫でしょうか?
▼
A
開封後は、冷蔵庫での保管をおすすめしております。冷蔵庫で保管していただく目的として、開封された時点で、空気に触れることになります。空気中には、細菌も漂っておりますので、その細菌が食品に付着してしまいます。このような細菌の多くは、10℃以下の温度で増殖が弱まります。冬場も気温が10℃を下回ることもあると思いますが、外気温は人間が感じているよりも遥かに上下の変動が激しく、温度が一定していないので、開封した食品を保管するには適した環境ではございません。開封後の食品の保管場所は、温度が一定に保たれた場所、すなわち冷蔵庫が適しています。
閉じる
Q
冷たいものが苦手なので、冷蔵庫で冷えた「アロエベラ
ジュース」を飲むのに苦労しています。何か良い方法は
ないでしょうか?
▼
A
冷たいものが苦手と言うことでしたら、飲まれる際に「アロエベラジュース」を電子レンジで牛乳を温めるような設定で、加熱していただいたり、白湯などを注いでお飲みいただくことをご案内しています。
※電子レンジや直火で温める場合、沸騰しない程度に温められることをおすすめします。また、お湯を足す場合も沸騰した状態ではなく、人肌程度の温度が適しています。
閉じる
Q
寒冷地に住んでいます。未開封の「アロエベラジュース」
を常温保存していますが、外気温が低いので中身が凍って
しまいます。凍ってしまっても大丈夫でしょうか?
▼
A
「アロエベラジュース」自体は、凍ってしまっても成分的には変質することはございません。ただし、容器が凍った状態が続くのはおすすめできません。凍った状態が続くことで中身が膨張し、ボトルが割れる場合もあります。したがって、常温での保管で「アロエベラジュース」が凍ってしまった場合には、未開封品でも冷蔵庫に保管されることをご案内しています。
閉じる
Q
クスリを服用していますが、
「アロエベラジュース」を一緒に摂っても大丈夫ですか?
▼
A
「病院に通って処方されたクスリを飲んでいるが、そのクスリとの相互作用などはないのでしょうか?」という趣旨かと伺えます。結論的には、そのような作用はないので「ご愛用いただいて問題はありません」とお答えしております。では、なぜそのようなご質問をいただくのか、いくつかあげてみたいと思います。

「ワーファリンを服用されている方」

ワーファリンを処方される理由としては、心臓の冠状動脈や頚動脈、大動脈などの比較的太い動脈によく起きる「粥状硬化の軽減」があります。ワーファリンが、血液凝固因子であるビタミンKの働きを抑え、血液の粘性を低くする作用によって、そのような効果が得られます。そして、ワーファリンを飲んでいるときに納豆を食べてはいけないということの理由として、納豆菌が細菌の中でも特に強いビタミンK合成能力を持っているからです。また、これらと同じ理由から、ビタミンKを豊富に含んでいる緑黄色野菜(パセリ、クレソン、三つ葉、春菊、ほうれん草など)を多量に摂ることも控える必要があります。アロエベラのジェル部は、確かにネバネバしている部分があるため、納豆と同様視されがちですが、納豆菌などはありません。ビタミンKに関しては、ほとんど含まれていませんので、問題なくお摂りいただけます。

「糖尿病などでカロリー制限を受けている方」

「アロエベラジュース」に関しては、「清涼飲料水」との表示があるため、「糖分のたっぷり含まれた甘い高カロリーのジュース」と勘違いされる方もいらっしゃるようです。「アロエベラジュース」のカロリーは、100g(約100cc)あたり約21kcalです。缶ジュースや缶コーヒーは、おおよそ大体100ccあたり40kcal程です。カロリー制限など受けていらっしゃる方は、他の食品のカロリーとの兼ね合いもありますので、この数字を基準に、係りつけのお医者様か、管理栄養士の方とのご相談のうえ、ご愛用ください。

「血圧降下剤を服用されている方」

「血圧降下剤」の内、特に「カルシウム拮抗剤」を服用の方は、グレープフルーツ果汁を摂らないようにとの指導を受けられています。グレープフルーツ果汁の中の渋み成分「ナリンジン」が、クスリに影響を与えると考えられているからです。味から「グレープフルーツジュース」を連想して心配する方がおられますが、「アロエベラジュース」にはグレープフルーツ由来のものは含まれていませんので、ご愛用いただけます。

「透析を受けられている方」

病気で腎臓の機能が低下したときは、たんぱく質、食塩、カリウム、水分の摂取が制限されます。特にカリウムが体内に溜まり過ぎると、心臓に作用して不整脈や心停止を引き起こすことがあります。これらは生野菜や果物(バナナ、みかんなど)に多く含まれています。「アロエベラジュース」100g(約100cc)あたりカリウムは38mg前後含まれています。ちなみに、さつまいも(蒸し)には490mg、生しいたけ(生)には280mg含まれています。(100g中の数値)アロエベラジュースのカリウム含有量は決して多くはない数値ですが、この数値を係りつけのお医者様か、管理栄養士の方とのご相談のうえ、ご愛用ください。
閉じる
Q
「アロエベラジュース」の原材料について教えてください。
▼
A

「アロエベラジェル」

アロエベラの外皮を取り除いたゼリー状の部分です。

「イソマルトオリゴ糖」

デンプンを発酵処理して、製造される食品成分です。糖度調整のため入れております。

「レモン・ライム」

天然のレモン果汁を混合。風味調整のため入れております。

「クエン酸」

柑橘類などの酸っぱさの主成分です。ph調整のため入れております。

「酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)」

ビタミンCは、芋などを発酵させるときに作りだされるもの。ビタミンEは、大豆から抽出したもの。褐変防止のため入れております。
※栄養強化のためではありません。
閉じる
Q
「アロエベラジュース」の保存方法を教えてください。
▼
A
未開封の状態で、製造から2年保存できます。開封後は、生鮮食品として必ず冷蔵庫で保存し、できるだけ早くお召し上がりください。
閉じる
Q
アロエベラについて詳しく教えてください。
▼
A
肥沃な大地とふりそそぐ太陽の恵みをたっぷり受けたアロエベラ。緑の葉の中は柔らかなジェル状になっています。その中には「ビタミン」「ミネラル類」「多糖体(食物繊維)」等々、さまざまな有用成分が含まれています。
閉じる
Q
フォーエバーの「アロエベラジュース」の特徴は?
▼
A
自然のままに安心・安全を心掛けていることが特徴です。フォーエバーリビングプロダクツでは、農薬や化学肥料を一切使用しない広大な専用の畑で、じっくり3年から5年をかけて収穫しています。収穫したアロエベラは、独自の安定化処理を施し、世界150カ国以上の国々へお届けしています。
閉じる
Q
アロエベラジュースの味に、時々バラツキがあるように感じ
ますが…
▼
A
「今回のアロエベラジュースは今までの味が違うように思うのですが・・・」と言われるお問い合わせをいただくことがあります。
1年中収穫できるアロエベラは、どうしても素材そのものに味の違いが出てきます。また、畑の場所も米国テキサス州南部、メキシコ、ドミニカ共和国に世界規模の広大な畑でアロエベラの栽培/管理を行っている為に、収穫される場所により違いが出てくることもあります。たとえば、1本の木から収穫されたミカンでも、木の上の方に生った実と下の方に生った実とでは味が違うことがありますが、それと同じとお考えください。

食品は次の3つのことを考慮してつくられます。
(1)安全性
(2)栄養性
(3)嗜好性
食品である以上、第一に安全でなければなりません。そして栄養もなければ食べる意味がありません。

【人】に【良】い【物】と書く『食物』は、安全でかつ、栄養があってこそ初めて「食物・食品」といえるのです。それでいておいしければいうことはありません。アロエベラという植物は、もともと決して美味ではありませんので、製造時においておいしくしようと調整すればできないことはありません。しかし、フォーエバーリビングプロダクツ社のアロエベラジュースは、品質を安定化させるための必要最小限のものを加えているだけです。

つまり、一般のジュースのように味を一定にさせるための香味調整は行っていないので、原料であるアロエベラジェルの状態によりどうしても味にバラツキが出てしまう場合があるのです。成分的にもなるべく自然に近い状態で愛用していただきたいという気持ちから、今のアロエベラジュースができあがりました。味のバラツキがあっても、品質上問題はありませんので、安心してご愛用くださればと思います。
閉じる
Q
「アロエベラジュース」は、持ち運ぶことができますか?
▼
A
保存料を使用していない生もののため、開封後は詰め替えて持ち歩くことなどには適しておりません。飲みきりサイズの「アロエベラジュース ツーゴー」なら、旅行やちょっとしたお出かけにご愛用いただけます。
閉じる