ダラス生産工場Aloe Vera of America(AVA)

ダラス生産工場

アロエベラジュースを世界150カ国以上の皆様の元へお届けしている
ダラス生産工場(アロエベラ オブ アメリカ・AVA)をご紹介します。

国際認定

ダラス工場は、国際認定を取得しています。

    • ISO9001
    • ISO9001

      国際標準化機構(ISO)が定めた品質マネジメントシステムの国際規格です。品質マネジメントシステムとは品質管理をし、顧客満足度を向上させるために必要となる組織、仕事の手順、プロセス、経営資源など、品質を支えるための「組織的な仕組み」のことをいいます。

    • ISO14001
    • ISO14001

      国際標準化機構(ISO)が定めた環境マネジメントシステムの国際規格です。環境マネジメントシステムとは、組織の活動によって生じる環境への負荷を常に低減するように配慮、改善するための「組織的な仕組み」のことをいいます。

    • OHSAS18001
    • OHSAS18001

      労働に関する規格として国際的に認知された唯一の規格です。(労働安全衛生マネジメントシステム。ISO規格化はされていません)この規格は、組織が従業員の業務上の労働安全と衛生に関するリスクを洗い出し、対策を立案し、これを実施することで問題発生の可能性を低減させることを目的としています。

      • ISO
      • International Organization for Standardization
        略すとIOSとなりますが、ギリシャ語の「ISOS」=平等の意味を込めてISOとしています。
      • OHSAS
      • Occupational Health and Safety Assessment Series

世界150カ国以上の皆様の元へ

  • 世界150カ国以上の皆様の元へ
  • 『安定化処理工場』で安定化処理されたアロエベラジェルは、メタルボックスという専用ボックスに入れられ、約12時間かけてダラス工場へ陸送されます。ダラス工場はその規模、設備にも驚かされますが、それと同じくらい、衛生管理が行き届いた工場です。ダラス工場では毎月アロエベラジュースを約400万本製造し、世界150カ国以上の皆様の元へお届けしています。

厳重な品質管理

  • 厳正な品質管理
    厳正な品質管理
    厳正な品質管理
  • ここでは工場で製造された製品の品質チェックが行われています。

    ■製造ラインの中から製品を抜き取り検査します。
      各製品は製造ロットごとに3年間保存します。
     (合衆国政府の規定により)

    [ 検査内容 ]
    ●規定容量
    ●キャップの締り方
    ●バクテリアの発生状態(72時間後に細菌が発生していないことを検査)
    ●溶解度、pH値等のチェック

ダラス生産工場

アロエベラジュース 製造ライン

  • 01仕込み

    ポンプを使ってアロエベラジェルを
    溶解タンクと調合タンクへ送液します。
  • アロエベラジュース製造ライン「仕込み」

02溶解タンク

溶解タンクへ送液されたアロエベラジェルにイソマルトオリゴ糖、レモン果汁、ライム果汁を添加し、
よく溶かし込み調合タンクへ送液します。
  • 03調合

    調合タンクへ送液されたアロエベラジェルと溶解タンクより送液されたものを攪拌(かくはん)して、よく混ぜ合わせます。
  • アロエベラジュース製造ライン「調合」
  • 04殺菌冷却

    よく混ぜ合わせた調合液(アロエベラジュース)は殺菌・冷却機を使って殺菌が終わった後、品温が充填温度まで下げられ、充填機に送液されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「殺菌冷却」
  • 05ボトル供給

    ボトルは殺菌後バルクデパレタイザー(ボトル供給装置)で自動的に製造ライン上に供給されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「ボトル供給」
  • 06ボトルロット印字

    製造ラインに供給されたボトルの底にインクジェットプリンターで製造ロットと賞味期限が印字され、そのままリンサー(ボトル洗浄)へと送られます。※印字後ロットがきちんと印字されているかをカメラで検査し、不良品は自動的に製造ライン外に排除されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「ボトルロット印字」
  • 07ボトル洗浄

    リンサーでは温水によりボトル内部を洗浄し、
    その後エアーでボトル内部の水滴を飛ばします。
    ※リンサーはプラスチックのカバーで囲われており、異物やほこり等が混入しないようになっています。
  • アロエベラジュース製造ライン「ボトル洗浄」
  • 08充填

    洗浄されたボトルはそのまま充填機に送られ、
    殺菌されたアロエベラジュースが充填されます。
    ※充填機はカバーで囲われており、異物やほこり等が混入しないようになっています。
  • アロエベラジュース製造ライン「充填」
  • 09アルミシール

    充填されたボトルはシーラー(アルミシール機)に送られ、口部がアルミシール(紫外線殺菌された)で封印されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「アルミシール」
    • 10
    • 重量チェック
      (ボトル単位)
    ボトルウエイトチェッカーで1本ずつ重量の
    チェックをします。
    ※重量が基準に満たないものは自動的に製造ラインより排除されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「重量チェック(ボトル単位)」
    • 11
    • アルミシール検査機
      (リークテスター)
    リークテスターではボトルの両側から圧力をかけ、
    アルミシールでしっかり密封されているかチェック
    します。
  • アロエベラジュース製造ライン「アルミシール検査機(リークテスター)」
    • 12
    • 冷却機
      (パストライザー)
    水シャワーで冷却し、品温を一定の温度まで下げ
    ます。(高温のままで放置すると内溶液が変質す
    る可能性があるためです)
  • アロエベラジュース製造ライン「冷却機(パストライザー)」
    • 13
    • キャップ巻締め装置
      (キャッパー)
    自動的にボトルにキャップを巻締めます。
    キャッパーにキャップを供給する装置には、
    キャップへほこりやゴミ等が付着するのを
    防ぐために防塵カバーが付いています。
  • アロエベラジュース製造ライン「キャップ巻締め装置(キャッパー)」
  • 14X線異物検出機

    キャップされたボトルはX線異物検出機に送られ、金属物等の異物が混入していないかチェックします。
    ※NGになった場合には自動的に製造ラインより排除されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「X線異物検出機」
  • 15箱詰

    自動的に組み立てられた輸送用カートン箱へ1度に48本(4カートン)ずつ箱詰されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「箱詰」
  • 16封函機+ケースロット印字

    製品が12本ずつ充填されたカートンがテープで封印され、側面にインクジェットプリンターで賞味期限等が印字されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「封函機+ケースロット印字」
  • 17ケースウエイトチェッカー

    カートン毎に重量のチェックをします。
    ※重量が基準に満たないものは自動的に製造ラインより排除されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「ケースウエイトチェッカー」
  • 18パレタイザー

    カートン詰めされたアロエベラジュースは輸送用のパレットにロボットアームで自動的に積み込まれ、自動的に外周がシュリンク包装されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「パレタイザー」
  • 19製品倉庫

    その後、日本販売用に箱詰めして出荷されるまでの間は製品倉庫に保管されます。
  • アロエベラジュース製造ライン「製品倉庫」
  • 20海上コンテナ輸送

    海上コンテナで横浜に到着したアロエベラジュースは、全国6カ所(札幌・仙台・埼玉・大阪・福岡・沖縄)の物流センターに出荷され、お客様にお届けしています。
  • アロエベラジュース製造ライン「海上コンテナ輸送」
※原材料すべてに厳重な検査と分析を行っています。
※製造ラインは予告なく変更になる場合もあります。予めご了承ください。
※現状の仕様と異なる箇所もありますが、製造工程に大きな変更はございません。